わきが 対策 ミョウバン

わきが対策にミョウバンを活用できますか?

わきが対策をしたいんだけど、ミョウバンは使えますか?
実際にこういった質問を受けましたので、ちょっと調べてみたいと思います。

 

手軽にできるわきが対策としてはミョウバンを利用するという方法を挙げることが出来ますけど、わきがの臭いが心配になり出した状態には効果的なのでしょうか?

 

ここではミョウバン水とわきがに関してお話をしていきましょう。

ミョウバンはわきがなどの体臭予防に効果的?

 

ミョウバンがわきがなどの体臭予防には効果的だと言われているのはミョウバンに存在する3つの効果が働くためだと言われています。

 

抗菌作用

 

ミョウバンは水に溶けると酸性になるんです。わきが臭は汗をかいた時雑菌が繁殖する場合の分泌物が要因となりますが、雑菌は酸性下にいる際活動が弱り、ニオイを抑えるということが可能になります。

 

近くにある局面を想像すれば、私たちが体を動かしたり気温が高いところにいて汗をかいた際に、ミョウバンは汗に溶けて肌表面が酸性となっています。

 

することで、本来は汗で蒸れて雑菌が活動的に動いてニオイが発生する場合を、ミョウバンのお蔭で雑菌の働きが弱り、繁殖してニオイを表出することを防いでいただけます。

 

収れん作用

 

ミョウバンには収れん作用が存在します。収れん作用ってやつはタンパク質を変性させると言う事から組織や血管を委縮させる作用を指し、肌を引き締めたり、制汗作用を生み出してもらうことができます。

 

ミョウバンにおいての収れん作用と言われる際では制汗作用をの事を頭に想像してもらえれば賢明だと思います。

 

汗腺の出口を縮小することで、汗が出る量を抑えてくれるはずです。

 

汗をかくことはわきがの臭いがすることに直結しますことから、汗の量を抑えてくれるケースもわきがを防ぐことにもつながります。

 

消臭作用

 

つい先程言った具合にミョウバンは水に溶かすと酸性を示すため、汗臭さ(アンモニア臭)と似たアルカリ性由来のニオイを中和してニオイを除去してくれることになります。

 

あるいはミョウバンは金属消臭と言われる働きもしてくれるはずです。

 

ミョウバンは硫酸カリウムアルミニウム(AlK(SO4)2・12H2O)というカリウムイオンとアルミニウムイオン、硫酸イオンの複塩で構成されていますが、ミョウバンにはいり込む金属イオンは触媒という形で働き、空気中の酸素を活性化させ反応に導くと言う事からニオイ成分を分解するのです。

ミョウバンは肌に優しいの?健康被害はない?

ミョウバンにおいては多様な働きを見せる事がわかったのですが、利用していて人体に異常は存在しないのでしょうか。

 

結論から言ってミョウバンを体臭予防と考えて使う分においては支障はありません。

 

ミョウバンは元来はわきがなどの体臭予防は言うまでもなくお菓子やパンを作る時にベーキングパウダーなどといった食品添加物と見なされて用いられてきました。

 

されどアルミニウムを多量に摂取すると子供の健康には害の見られると言われ、2013年には食品に含まれる上限値を定めようというような行動もあったのです。(厚生労働省HOより)

 

ミョウバンは肌に塗ったところでアルミニウム成分が経皮吸収(体の中に入る)されてしまうことが無いと報告されているのです。(アルミニウムとアルツハマー病の関連情報)

 

すそわきがのようにデリケートゾーンなどといった粘膜近くにあるスポットに、濃密な濃度のミョウバン水を用いるという部分は好ましくないと言えますが、自然にわきがなどの体臭予防と位置付けて脇や足に利用する分には効果的です。

 

ミョウバン水は子供にたくさんいるアレルギー性皮膚炎(アトピー)などといった肌が刺激に敏感な若年層でも肌荒れを起こさずに利用できるため、フォーカスもされています。

 

しかしながらその中には肌に合わないというような子もいらっしゃるので、一度ミョウバン水を染み込ませたティッシュを1分ほど二の腕につけてみて、パッチテストをやると安心できると思います。

 

さっそく容量用法を参考にしてミョウバン水を作っていくことにします。

簡単に作れる!ミョウバン水の作り方

ミョウバン水の作り方は手間なしです。

 

準備してほしいのは空のペットボトル1.5Lと水道水、ミョウバンあるいは焼きミョウバン50gとなります。

 

その後は単純で残さずペットボトルの中に加えて混ぜ合すだけ。

 

しかしながらミョウバンは水に溶けづらいので時間を置くか、ぬるま湯(40~50℃)に溶かすことをお奨めします。

 

ミョウバン水は元来傷みづらいので長い期間の保存が可能で、冷蔵保存で1ヶ月ぐらい保持します。

 

ミョウバン水の使い方

 

ミョウバン水を利用する際にはつい先程説明したミョウバン水の原液を10倍に薄めて利用します。

 

スプレーボトルに入れて衣類にスプレーして衣類の防臭に活用したり、一層わきが臭が気になるケースでは、制汗作用というものを上手に活用するために、ミョウバン水を染み込ませたティッシュやタオルを脇に塗り込んで利用しましょう。

ミョウバン水が人気のわきが対策となってる訳は安価から

ミョウバン水がどうして人気であるのかなと尋ねられると、ミョウバンが安価でラクラク手に入るからだと言えます。ミョウバンは近所の薬局であったりスーパーに100gで200円〜300円くらいで販売されています。市販のデオドラント等に比較してもとっても安いです。

 

それに加えて、それを水に溶かして利用するのみですので、これほどまでに簡単ながらお手軽に実行できる方法などないと考えられます。

 

けれども、ミョウバン水を利用しても多汗症、汗っかきで、汗の量が多かったりした途端脇に塗っても流されてしまう他、わきが体質が強い人はミョウバン水を活用しても効果が薄いときがあげられます。

 

そんな時には、濃度を濃くして利用すれば、肌への刺激となってしまうから、制汗、消臭効果が高くて、肌に優しいわきがデオドラントを考えてみてはどうですか。

 

後、もう一つ大きなデメリットが存在しています。

 

どうしてもその持続時間が短い事です。

 

ミョウバンで腋の下をケアしても、1時間程度ですぐにニオイが出始めるんです。

 

あまり頻繁に拭いていると、ワキの下も荒れてきますから注意が必要です。

 

だからこそ、やっぱり通常にワキガには、デオドラントをしっかりと利用することをおすすめします。